生理になったら施術NG?サロンによって異なります!

生理になったら施術NG?サロンによって異なります!

miwa11.jpg 生理の時は施術してもらえない?!

せっかく脱毛サロンを予約していたのに生理がかぶってしまった・・・。

そんなときありますよね?

生理の時に施術をしてもらえるかもらえないかは脱毛サロンによって異なります。

例えば衛生上の問題でデリケートゾーンの施術だけできないというところや、ホルモンバランスが乱れて効果が出にくいので、すべての部位の施術ができないところがあります。

それに、どのサロンでも生理中のVIOの脱毛はできないということは覚えておきましょう!

なぜ施術してもらえないの?

脱毛サロン側が生理中の施術を断る理由は主に2つあります。

miwa20-2.jpg まず、生理による経血が衛生的にNGです。

生理中はどうしても出血がありますが、これが衛生的に良くありません。

生理の経血は病気感染のリスクがあったり、脱毛を受ける施術台を汚してしまったりします。

経血の消毒はアルコール除菌などが必要になるため、サロン側に手間がかかりますしね。

また白いシーツに経血がついてしまった場合は、洗ってもなかなか落ちないのでそのシーツを捨てることにもなります。

2つ目に、肌トラブルが起こりやすく体調が悪化する人もいるから。

生理中はホルモンバランスが乱れるので肌が敏感になり、肌荒れなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

さらに生理中は貧血気味になるので施術中に体調が悪くなる人もいます。

このようなことが起こった時、美容外科などの医療機関であれば対処可能ですが脱毛サロンでは対処できません。

以上の理由から脱毛サロンでは生理中の施術は避けることを勧めています。

そのため生理になったら予約変更をしてもらった方がベターですよ!

しかし、生理中でも施術してもらえるサロンは多いです。

VIO(デリケートゾーン)のみ施術NGの脱毛サロン

miwachan220300_b.gif 銀座カラーやエピレではVIO以外の部位の施術は可能です。

銀座カラーの場合、契約しているのが全身脱毛のコースなら、予約時間前までに電話連絡すればVIOだけを別日に変更できます。

また、エピレでもVIO以外の施術なら可能です。

といっても、エピレではもともと当日キャンセルしても罰金は発生せず、回数消化もありません。

予約時間までにエピレのフリーダイヤルに電話すれば、予約のキャンセルと変更ができます。

VIOだけの契約なら問答無用で後日に振り替えですけど、どっちかって言ったら他の日にまとめて移しちゃった方が楽ですよね。

VIO・ヒップのみ施術NGの脱毛サロン

ミュゼも、当日変更したとしてもキャンセル料もなし、回数消化もありません。

(契約破棄の時の返金対象からは外れますけどね)

miwa15-2.jpg その場合はWEBかミュゼプラチナムのコールセンターに電話して変更できます。

また、キレイモも当日キャンセルでもキャンセル料はかからないのですが、来店できなかった場合は1回分消化扱いとなります。

当日来店すれば、VIOとヒップの以外の全身脱毛を受けられます。

ただ、受けられなったVIO・ヒップの施術を別日に変更することはできず、消化ってことで済ませた扱いにされます。

脱毛ラボでは、回数制でも月額制でも、VIOとヒップの施術がNGです。

でも、回数制での契約だったら、別日にVIOとヒップの施術を受けられます。

予約日の2日前までに、通っている店舗もしくはコールセンターに電話連絡すればキャンセル料も発生せず、1回分消化にもなりません。

脱毛ラボもキレイモと同じで、生理になったら早めに連絡した方が良さそうです。

また、ラヴォーグの場合、VIOとヒップ以外の施術は可能ですが、別日の振替はありません。

当日に予約変更すると、キャンセル料こそかかりませんが、予約していた1回分は消化したという扱いになります。

生理になったら早めに予約変更を!

生理の時は脱毛効果が弱まり、肌トラブルも起こりやすくなる。

なの「もうすぐ生理が来そうだな・・・」と思ったら早めに変更するのが得策だと思います。

もし生理不順に悩んでいるなら、当日変更してもキャンセル料がナシ、かつ予約分が消化扱いにならないサロンを選ぶと良いですよ!

とにかく、生理中のVIO脱毛はできないので早めに予約を変更しましょう。

Topics

フィード