VラインとIラインの境目は?サロンによって異なります!

VラインとIラインの境目は?サロンによって異なります!

VラインとIラインってどこ?

miwa15-2.jpg VIOなんて脱毛を考えなきゃ聞かないし、VラインとかIラインってどの部分を指しているのかよく分からない。

私も、サロンに通い始めるまではそう思っていました。

でも、これが案外わかりやすいんですよ。

Vラインは、足を閉じた姿勢で前から見える部分。

大体へそ下から股と太ももの付け根あたりのビキニラインを指します。

そして、Iラインは仰向けになって脚を広げた時に見える部分。女性器の周辺の部位のことを指しています。

ちなみに、Iラインの粘膜部分とは小陰唇のことです。

これが一般的なVラインとIラインの定義ですね。

つまり、VラインとIラインの境目は「ビキニラインと女性器周りの間」だと考えておけばOKです!

実はサロンによって解釈が全然違う!

一般的なVラインとIラインの範囲ついて説明しましたが、VラインとIラインの境目の解釈はサロンによって異なります。

特に、Vラインの範囲はサロンによって全く違います。

また、Iラインの範囲は粘膜部分を範囲に含むか含まないかが異なるポイントです。

それでは5つのサロンや美容皮膚科のVラインとIラインの範囲を比べてみましょう!

1.ミュゼ

ミュゼのVラインはパンツを履いたときの両脚の付け根部分です。

ミュゼではVライン脱毛をする方に「Vラインプレート」を渡していて、これを当ててはみ出た部分を施術していきます。

つまり、>ミュゼのVラインは全部なくすのではなくプレートからはみ出た部分だけを施術していく

じゃあそのプレートに収まる範囲は何と呼ぶのか?

その範囲は、トライアングルと呼ばれます。

ミュゼではそのトライアングル部分をさらに上下2つに分けてトライアングル上とトライアングル下と呼んでいます。

Iラインは陰部の両サイドで股下の真下から見える部分。一般的なIラインの定義と同じです。

Iラインの内側ギリギリまでを照射範囲としていますが、粘膜部分は含まれません。

2.湘南美容外科クリニック

湘南美容外科クリニックのVラインは、VIOセットというコースを選ぶか、Vラインのみ選ぶかで範囲が異なるので注意。

VIOセットのコースを選んだ場合は一般的な定義と同じで、Vライン=ビキニラインとなっています。

ただしVラインのときは「Vライン中央部の縦8センチ×横5センチの範囲を除いたビキニライン」がVラインの範囲となります。

ちょっと分かりにく~い・・・。

まあ簡単に言えば、VIOセットのコースではVラインの毛を全部なくすこともできます。

けれど、Vラインのみを選ぶと中央部が残るという仕組みです!

Iラインは一般的な定義と同じ。ですが、湘南美容外科クリニックは美容皮膚科なので、医療脱毛に使われるレーザーを使っている。

だから、デリケートなIラインの粘膜部分も照射可能なんですよ!

3.脱毛ラボ

脱毛ラボにはVIOだけのセットというのはありません。

なので、全身まるごと契約するか、単発メニューでVIO選択するって方法になります。

全身まるごとだったらVIOの境目は気にしなくても大丈夫ですが、単発メニューの場合、Vライン、Iライン、Vライン・上と分かれます。

Vライン・上が下着の上部分で、Vラインがトライアングルを含むビキニラインです。

Iラインは、どのコースを選んでも粘膜部分への照射はできません。

4.エピレ

エピレでのVラインは3つに分かれています。

  • Vライン(上)
  • VラインS(両サイド)
  • トライアングル

トライアングルは正面の逆三角形の部分で、Vライン(上)はそのトライアングルの上部を指します。

VラインS(両サイド)は下着からはみ出る横の部分です。

Iラインはエピレも一般的な定義と同じで、粘膜部分への照射はできません。

5.プリート

miwachan220300_b.gif プリートのVラインは一般的なVラインの定義よりも広い範囲を含みます。

一般的なVラインの定義だとショーツパンツで隠れる範囲がVラインですが、プリートのVラインはボクサーパンツで隠れる範囲までを含みます。

部位で言えば骨盤全体?太ももの付け根です。

Iラインの粘膜部分は照射不可ですがギリギリまで照射可能となります。

サロンよってVラインとIラインが異なるので事前にチェックしておくといいですよ?!

VラインとIラインの境目の脱毛方法は?

miwa17.jpg Iラインは生理の事情もあるからムダ毛ゼロが過ごしやすいと思う。

だけど、Vラインを全て無くしてしまうと、割れ目が丸見えになるので少し恥ずかしいかもしれません。

そのため、VラインからIラインにかけて薄くなっていくようにするのがオススメです。

そうすることで自然さもある綺麗なアンダーヘアになりますよ!

サロンによってVライン・Iラインの境目は異なり、脱毛に含まれる範囲も変わってくるのを忘れずに?!

Topics

フィード