埋もれ毛はヤダ!正しい自己処理のやり方が知りたい!

埋もれ毛はヤダ!正しい自己処理のやり方が知りたい!

miwachan220300_f.gif せっかくキレイにムダ毛を処理してもボツボツ透けて見える埋もれ毛。

しかも、ヒザ下や太もも、ふくらはぎなどの目につく場所に発生するから嫌になっちゃいますよね・・・。

埋もれ毛を発生させないためには肌ダメージの少ない自己処理の仕方をとるのがベスト。

埋もれ毛とは、いわゆる埋没毛のことです。皮膚の外に出るはずのムダ毛が、何らかの原因で肌の中に埋まった状態ですね。

どうして埋もれ毛になってしまったのかというと、肌へのダメージが原因ですからね。

肌ダメージの少ない自己処理の方法の中で、1番効果的なのはシェーバーを使うこと。

電気シェーバーなら、刃が肌に直接触れることなくムダ毛の処理ができますよ。

自宅でムダ毛を自己処理するときって、たいていカミソリや毛抜きを使うよね?

当たり前にやっているけど、実はツルスベ肌になるためには1番やってはいけない方法なんですよ。

カミソリや毛抜きは使うたびに皮膚も一緒に傷つけてしまう。だから、体が肌を守ろうと角質を厚くしてしまうんです。

さらに自己処理を工夫して脱★埋もれ毛

miwachan220300_b.gif シェービングに切り替える以外にも効果的な方法があります。

それは、自己処理のあとにきちんと保湿すること。

ムダ毛を処理したあとは肌が乾燥しやすくなります。

それを放置すると、ターンオーバーが乱れて角層が分厚くなってしまい、埋没毛の原因になります。

うるおいを与えて肌表面を守ることで正常なターンオーバーを保ち、埋もれ毛を防ぐことができますよ!

あとは・・・極端な話だけど、自宅での自己処理を完全にやめてしまう方法があります。

でも、自己処理をやめると伸びてきたムダ毛がそのままになっちゃいます。

とくに露出する部位や毛深い部分は目立ってしまうから、処理せずにはいられないですよね。

放置までする覚悟なら、もういっそ脱毛サロンに通ってしまうのもアリだと思います。

いちばん手っ取り早いのは脱毛しちゃうこと!

miwachan220300_f.gif 埋没毛は肌へのダメージによって起こるから、埋もれ毛がいちばんできにくいムダ毛処理の方法は脱毛サロンに通うことなんです。

脱毛サロンなら、光を毛根に当てて毛を弱らせる仕組みだから、カミソリのように肌表面を削ってしまうこともありません。

施術が完了してしまえばツルスベ肌が手に入るから、自宅でムダ毛の処理をする必要もなくなる。

脱毛が完全に終わるまではサロンに通い続けることが大事だけど、終わってしまえば埋没毛を気にすることなく時間だってできちゃいますよ。

脱毛サロンに通う方法は、毎日のようにムダ毛を処理しているなら絶対にオススメです。

自分の生活スタイルや自己処理の頻度を考えて検討してみましょう。

Topics

フィード