フォトフェイシャルには脱毛の効果もあるって本当?

フォトフェイシャルには脱毛の効果もあるって本当?

miwa17.jpg モデルさんたちの間で流行しているフォトフェイシャル。

しかも、フォトフェイシャルには脱毛効果もあるらしいと噂されています。

話題にもなっているし気になっちゃいますよね。

結論から言うとフォトフェイシャルにも少量だけど脱毛効果は期待できます。

だけどフォトフェイシャルはあくまで美肌のために使われているもの。

フォトフェイシャルの主な効果はこちらです。

  • たるみ
  • しわ
  • シミやそばかすなどの色素沈着
  • ニキビ、ニキビ跡の赤み
  • ちょっとだけ脱毛効果

顔の色んな悩みに幅広く対応できるフォトフェイシャル。

でもどうして美肌効果だけでなく脱毛までできちゃうのでしょうか?

まずはフォトフェイシャルの仕組みから説明していきますね♪

フォトフェイシャルの仕組み

miwa74-1.jpg フォトフェイシャルはIPLという光を顔に照射する美容法です。

光を当てることでシミを破壊したり、肌のターンオーバーを活性化したりと美肌を作る効果が期待できます。

そしてIPLの光には短いものから長いものまで複数の波長が含まれていますよ。

つまり肌の表面に影響する波長もあれば、肌の奥深くまで届く波長もあるということです。

だから色んな肌の悩みを一度に解決できるってわけなんですね。

そして肌の悩みによってもいちばん最適な波長の長さは違います。

たとえばシミなら肌の表面にできることが多いから、その場合は表面に作用する短い波長が有効的。

そしてシワやたるみなら、真皮にあるコラーゲンを作る細胞の働きが鈍ってるってことだから、肌の奥まで届く長い波長が有効的ですよね。

フォトフェイシャルはヘッドを切り替えることでいちばん効果的な波長に調節できますよ。

肌の悩み別に的を絞って照射できるのも嬉しいですね。

どうしてフォトフェイシャルで脱毛できるの?

miwa01.jpg じつは、ほとんどの脱毛サロンではフォトフェイシャルと同じIPLが使われているのです。

どうしてIPLで脱毛ができるかというと、IPLは毛のもつ黒い色に反応して熱ダメージを与えることができるからです。

熱ダメージで毛根を弱らせることによって脱毛させているのです。

そして複数の波長を含む光エネルギーの一部は毛根のある真皮にも届きます。

だからフォトフェイシャルを受けることで毛が抜ける可能性があるってわけなんです。

実際に顔の産毛が薄くなった子もいるそうですよ。

ただ、フォトフェイシャルで照射される光は、脱毛で照射される光よりもパワーが抑えられています。

だから絶対に抜けるとは言い切れないのも事実。

抜けたとしても再び生えてくる可能性は充分にあります。

だからムダ毛の手入れを考えているなら、適した光を当ててくれる脱毛サロンがおすすめですよ!

Topics

フィード