脱毛サロンに行くのはダメ?ステロイド服用中のサロン事情

脱毛サロンに行くのはダメ?ステロイド服用中のサロン事情

miwa01.jpg 「ステロイド」は、副腎から作られる副腎皮質ホルモンの1つで、ステロイド剤はそれに似た働きをします。

アトピーや喘息、リウマチや膠原病でも処方されるので、服用している人がとても多い薬なんです。

でもステロイド剤を使用していると「サロンで脱毛施術を断られるんじゃないか」と心配ですよね。

たしかに、ほとんどのサロンでステロイド使用期間中の施術は断られてしまいます。

どうして施術できないのか、そして施術できるサロンもあるのか気になりますよね。

施術できないのは、どうして?

miwa20-2.jpg ステロイド服用中に脱毛施術すると、肌や身体に影響があるからなんです。

考えられる危険性は以下の通り。

  • 感染症になる恐れ
  • 色素沈着やヤケドになる可能性
  • 脱毛効果が充分にでない可能性

ステロイドは炎症を抑えたり免疫を弱める作用があります。

もちろん治療の為に必要な作用ですが、細菌やウイルスに感染しやすく感染すれば治りづらくなります。

脱毛施術は、どうしても皮膚に刺激を与えてしまいます。

なので、その刺激で肌アレが悪化したり、毛穴から雑菌が入り込んで肌トラブルをおこしやすくなる恐れがあるんです。

また、ステロイドは光を吸収しやすいので、光脱毛の光に肌が過剰反応してしまうこともあります。

脱毛箇所が色素沈着したり、ひどいとヤケドしてしまう可能性もあるんです。

それから、テロイドの副作用に多毛化があります。

脱毛してもムダ毛が濃くなってしまっては脱毛効果がわかりにくいですよね。

ステロイド使用での対応はサロンによって違う?

miwachan220300_b.gif ほとんどのサロンではステロイドの使用中は脱毛できませんが、一定期間使用を中止すれば施術できる場合もあります。

「外用薬は2週間以上、内服薬は1ヵ月以上使用を中止すれば施術できる」など期間を決めているサロンがあるんです。

もし外用薬だけを使用しているなら、塗っていない部分は照射できる脱毛サロンもありますよ。

また使用中であっても医師がサインした許可証があれば施術可能な脱毛サロンも。

ただし許可証は、サロンの書類をかかりつけ医にサインしてもらう必要があるのでちょっと面倒ですよね。

医療クリニックならお医者さんとのカウンセリングで相談できるし、許可してもらえばそのまま脱毛施術してもらえます。

面倒すぎて嫌だって人は医療クリニックでの脱毛を検討してもいいかも。

もしくは、アトピーさんなら敏感肌用のマシンを置いているサロンもオススメです。

まずはクリニックやサロンに電話して、ステロイド使用中の脱毛について聞くか、カウンセリングで相談してみるといいですよ!

Topics

フィード