粉瘤ができているところは脱毛できないの?

粉瘤ができているところは脱毛できないの?

miwa12-3.jpg 「ニキビだと思ったらコリコリと硬いし、なかなか治らない・・・これって粉瘤!?」

脱毛したいところに粉瘤(ふんりゅう)ができてしまったら、サロンで施術してもらえるのか不安になりますよね。

その場所を避けて脱毛してくれるサロンもありますが、断られる場合もあります。

でも、施術してもらえないからといって自己処理をすると、また粉瘤になることがあるのでやめましょう。

まずは治療することが大事ですよ。

粉瘤ってどんなものなの?

miwa15-2.jpg 粉瘤は皮膚の中に嚢胞と呼ばれる袋ができた状態。

その袋の中には角質や皮脂などの、いわゆる老廃物がつまってるんです・・・気持ち悪いですね。

見た目は半円状で、触ると硬いしこりですよ。ニキビと間違えやすい感じですね。

最初は数ミリ程度ですが自然に治ることはなく、ほおっておくとどんどん老廃物が溜まって数十センチ程の大きさになっちゃうことも。

ちなみに、粉瘤には「へそ」と呼ばれる黒い開口部があるのが特徴です。

しこりを押すと開口部から、かなりニオイのあるドロっとしたものがでてくることもあるんですよ。

粉瘤ができる原因は?

miwa74-1.jpg 原因ははっきりわかっていません。

ニキビをきっかけとしてなったり、虫刺され、キズ、ウイルスの感染などからなるのでは?と言われています。

でも、もし自己処理で脱毛をしていたらそれが原因で粉瘤になった可能性は高いですよ。

毛抜きなどで脱毛しきれなかった毛が、毛穴に詰まって膿むことがあるからです。

粉瘤になったらどうしたらいいの?

miwa01.jpg 粉瘤かなと思ったらまずは病院に行きましょう。皮膚科を受診して下さいね。

簡単な短時間の手術で、老廃物が溜まった袋ごと取り除いてもらいます。

袋がもし残っていると再発してしまうので、完全に除去する必要があるんです。

手術は切除する小切開摘出術と、パンチで穴を開ける臍抜き法(くり抜き法)のどちらかになります。

しこりが小さいうちに取ると小さいキズで済みますが、大きくなるとその分キズも大きく深くなります。

だからなるべく早く受診することが大切なんですよ。

炎症を起こしたものは「炎症性粉瘤」と呼ばれ、熱をもったり痛みがでたりします。

そうなると中の膿だけを先に出して、炎症が収まってから手術するので治るのに時間がかかるんです。

粉瘤が治ったら脱毛できる?

miwa20-2.jpg 毛抜き脱毛していると、毛が埋もれて粉瘤になる可能性が高いです。

何度も手術するのは嫌ですよね。

だったら今できている粉瘤を病院でケアしたら、自己処理するのはやめましょう。

脱毛サロンに通うと、粉瘤になるリスクを減らせますよ!

Topics

フィード