ほくろが多くても脱毛できる!

ほくろが多くても脱毛できる!

miwa01.jpg 光脱毛は黒い色に反応するって聞いたんだけど、じゃあほくろがある場合はどうなるの?

ほくろがたくさんあると、脱毛できないの?という心配を耳にすることがあります。

でも大丈夫!ほくろがたくさんある方でも、ちゃんと脱毛することができますよ。

だって、ほくろの部分に光を照射しなければいいだけなんです。

とっても手軽に痛みもなくできるので、心配いりませんよ。

ほくろがある部分の脱毛方法

miwa20-2.jpg 光脱毛の光は、黒い色素に反応するようになっています。

ほくろも黒いので、ほくろがあると毛と一緒に反応してしまい、火傷を起こしてしまう場合があるんです。

ヤケドを起こしてしまうと、肌が赤く炎症したり、瘡蓋ができたり、色素沈着したりすることも。

ツルツルお肌を目指して脱毛するのに、お肌にダメージが残ったら悲しいですよね。

それを防ぐために、ほくろには光を照射しません。

ほくろに光が直接当たらないよう、小さなシールでほくろを覆って保護し、その上から光を照射します。

こうすることで火傷を防ぐことができるんですよ。

小さくて薄いほくろであれば光の反応も弱くなるので、サロンによってはそのまま照射するところもあるようです。

気になるようでしたら、初めのカウンセリングで確認してみてくださいね。

ほくろを避けることで費用がかかることもないので、ご安心ください。

ほくろが多いからといって、脱毛を断られることはありませんよ。

ほくろに生えている毛の脱毛方法

miwa12-3.jpg ほくろに毛が生えていることってありますよね。しかも、その毛に限って濃かったりして、意外に目立ったりするんです。

周りのお肌を脱毛してツルツルになっていると、よけいに気になってしまいます。

ほくろの毛もなくしたい!という方にオススメなのが、ニードル脱毛。

ニードル脱毛は、毛穴に極細の針を挿入し、電流を流して毛根を焼切るというもの。

光脱毛と違って黒い色素に反応しないため、ほくろの毛も脱毛することができるんです。

ニードル脱毛の料金システムは、ムダ毛1本につき●円、何分間でいくら、というものがほとんど。

なので、少ない本数の脱毛をするのにぴったりです。

ただ、ほくろを脱毛するのに最適なニードル脱毛ですが、デメリットは痛みが強いこと。

電流を長す時が、とにかく痛いんです。数本だと思えば我慢できるかもしれませんが・・・。

痛みが苦手な方は、麻酔を使ってみるのをオススメします。

ニードル脱毛をしているのは基本的に医療機関なので、希望をすれば痛みどめの麻酔を使用してくれますよ。

ホクロに毛がなくなると、ストレスも一つ減りそうですね。

Topics

フィード